うつ病にならないためのガイドライン

プライド崩壊の反動

自尊心の崩壊

新型うつとは何か、それを一言でまとめるならば、自尊心の崩壊によってやるべきことに対しての気力がどうしてもわかない現象、と表現できます。 うつ病という言葉が一般的になってきた中で、非定型うつ病とも呼ばれる新型うつは、見た目にはわかりにくいですが、明確にうつとしての症状を発症しています。 そして、その症状はいわゆる若年者、新卒の新入社員を始めとする年代に見られる傾向があります。 新型うつが若年層に多い理由はシンプルで、今まで努力をしてきて成功を重ねてきた影響で自尊心が肥大し、失敗経験が少ないまま社会に出た結果、実際の現場で打ちのめされて何もできない自分に失望してしまう、などの原因で新型うつを患う傾向にあります。

複雑化させる症状

新型うつの症状は、周囲から見れば甘えだと言われる傾向にあります。その理由は、新型うつにおいては仕事にはやる気が出ないものの、プライベートには生気がみなぎるところにあります。 つまり、精神的に健康な人にしてみれば、遊ぶ元気があるなら先に仕事をしろ、とつい思ってしまい、甘えだと判断される。そして、それが新型うつを患っている当事者を更に苦悩させるという連鎖を生みます。 ですから、新型うつにおいても、従前のうつと同じように周囲の理解が必要です。 新型うつの場合は、間違いなく甘えではありません。なぜなら、本質的には真面目なはずの人が仕事に打ち込めなくなり、つい現実逃避として遊びに逃げてしまうからです。さらに、身体症状に過眠や過食があることが、さらに自分を追い詰めます。 本人としては、ちゃんとやろうとしているのに体が言うことを聞いてくれないこと、そして、周りは全くわかってくれないということ、そういった苦しみに包まれています。 そのことを、周囲がわかっておくことがとても大切です。