うつ病にならないためのガイドライン

心療内科へ

周囲から誤解を招きやすい新型うつ

新型うつという言葉を聞いたことがありますか。うつ病にかかると、何をするにつけても、やる気を出せず鬱屈とした気分になり、出社することは勿論、外出することさえ困難になるものです。これが新型うつの場合は、自分が嫌なことに限って鬱屈とした気分になるものの、自分が好きなことに対しては、元気に取り組むことができます。会社に行くことはできないものの、旅行に出かけたり、好きな友達との飲み会には参加できるため、周囲から誤解を招いてしまうことが多いのが特徴です。つまり、楽しそうにする光景から、新型うつにかかった方が仮病を使っていると思われがちなのです。 勿論、辛いときは辛いわけでなかなか周囲の理解を得られにくい分、新型うつは治療が大変だと言われています。

周囲の理解を得ながら治療が必要

仮病ではなく鬱屈とした気分となり、今まで出来たことができなくなっている以上、新型うつもうつ病なのです。なかなか回復しにくい病気ですので、いち早く治療に専念できる環境を整えるべきです。 まずは、心療内科にいきましょう。納得のいく診断が一回で出るとは限りません。医師によっても診断結果が揺れることがあるのがうつ病ですので、納得がいかない場合は他の病院で診断してもらうことが重要です。 診断結果を会社の人事部に提出し、治療が必要なことを理解してもらいましょう。新型うつであることから、誤解を招きやすいことも含めて説明できるように医師に文書を書いてもらうのがよいでしょう。 第三者の力を使って、周囲に理解してもらうことが大事です。自分で出来たことが出来なくなるのがうつ病です。無理をせず周囲の助けてもらいながら治療していきましょう。